2017年8月6日日曜日

2007.8.8に長野で脳溢血で倒れたーー2.脳溢血で長野市民病院に救急車で運ばれた

10年前脳溢血で倒れたが、
写真は、今日(8/6)の朝、
測定した私の血圧を撮ったもの。
10年前、長野で脳溢血で倒れた顛末を
2として・・・の下に書いた。


・・・・・・・・・
説明を終えて、前の職場で一緒だった人と
一緒にトイレに行き用をたした。
用をたしているとき、脳溢血したと思う。
それは感じで分かった。
応接室に戻って気持ちがだんだん悪くなってきた。
 
気分が悪くなり目が回ってきたので、
洗面器を頼みそこに胃の中のものを吐いた。
行った先の事務所の所長さんが私を見て救急車を呼んだ。
所長さんの親戚が同じ症状で倒れたとことがあったので
同じだと思って呼んだらしい。
 
呼んだときは「これぐらいで救急車を呼んで・・」と思ったが、
だんだん気持ちが悪くなってきて、
「やっぱり呼んでもらったのは正解だ」と思った。
目があけていると天井がぐるぐる回り、
それがキツクなってきたのでそれ以降は目をつぶっていた。
 
システムを説明した人を紹介してくれた同期の友達が、
車で迎えに来てくれたが、そのまま救急車に乗ってくれた。
長野の駅に迎えに来てくれた同期の友達とその同期の友達と、
私の元上司でこの会社の社長になる予定の方と4人で
長野の町で懇親することになっていたが、それもパー。
その友達はとんだ救急車での同行となった。
 
長野市民病院のICU室に運び込まれた。
私は目を瞑っていたが、何度も「名前はなんというのですか、
生年月日はいつですか、ここはどこですか、今日は何日ですか」
と聞かれて、私は目を瞑ったままだったが全部答えられた。
「私は宮崎というのですよ」という声も聞こえた。
 
「あいうえお かきくけこ・・・と言って下さい」
「九九も言って下さい」とも言われた。
全部答えられた。

0 件のコメント:

コメントを投稿