2017年8月6日日曜日

2007.8.8に長野で脳溢血で倒れたーー8.運動をはじめた、入院2週間目からはリハビリを受けはじめた

写真は25年前に読んで、それから愛読している本。
私の何かことがあるたび引っ張り出して読んでいる。
10年前の脳溢血で倒れたときにもお世話になった。
・・・の下に10年前、病院で運動したのと、リハビリを
受けたことを書いた。

まだ思い出したことがある。
まだ書いてないので、
それを時間をおいて一週間先ぐらいに書こうと思う。
弟さん夫婦に病院に長野まで迎えに来てもらったこと、
東京に戻ってのこと。
 
なんで脳溢血で倒れたか思うこと。
勿論、私の思い出したことだけをかいているから、
思い出してないこともあると思う。
しかし思い出したことだけでも書こうと思う。
今がチャンスだと思うから。


・・・・・・・・・

入院後4~5日目ぐらいから徐々に回復して来た。
それで空いている部屋に行って、腹筋運動をし、
腕立て伏せを、多分20回ずつ行った。
それから部屋の壁に捕まってスクワットも20回ずつした。
それを出来るだけのセット数を行った。
病院にいた3週間の最後のほうは10セットやったと思う。
 
入院6日目頃だと思うが、リハビリの先生が
私のベッドに来て私の足の膝を伸ばしたり縮めたりした。
「うーん、まだ早いかな」と言っていたが、
1週間たったときからリハビリを開始した。
私が2週間で退院したいという希望を持っているのを知った
手術をした先生が口を利いてくれたような気がする。
 
2週間目が始まると、午前中2人のリハビリの先生に
毎日順番にリハビリをして貰った。
一人の先生は小さなボールを所定の位置に置き換えるのや
枡に字を書くのなどの神経系のリハビリ。
一人の先生は運動系のリハビリをしてくれた。
 
神経系のリハビリでは、一行に均一に字を書こうと思うのだが、
最初は大きく書き、最後は帳尻あわせに小さく書いた。
思い通り書けないのにビックリした。
少しずつよくなったが、なかなか回復しない。
それで2週間で退院と言うのはあきらめた。
結局2週間強リハビリをして、それでも完全でなかった。
 
運動系のリハビリでは階段の上がり下がり、
両膝をついて腕を前についたところから後ろに足をのばす運動、
まっすぐ歩くリハビリなどを繰り返し行った。
退院すると分かったときリハビリの先生は、
「混んでいる駅に行くのはまだ無理だろうな」と言った。

0 件のコメント:

コメントを投稿